家事をもっと時短化!『乾太くん』 迎え入れて後悔なし

とおろぐ

こんにちは!とおろぐです!

今回、迎え入れて本当に良かったと思っている「乾太くん」のご紹介をしたいのですが、その前にうちの家族構成をお伝えさせていただきます!

我が家は妻1人と保育園に通っているやんちゃな息子2人5人家族なんですが、

異常に洗濯物が多い!!!

この量を毎日干してたら、日が暮れてしまいます。(言い過ぎですね…)

そこで、うちでは

「乾燥機付き洗濯機」

ではなく、

乾太くん

を迎え入れました!

なんだか、親しみやすい名前ではないですか?笑

「乾太くん」とはガス衣類乾燥機なんです!

共に生活を始めて約半年が経ち、本当にいいことづくし!

なので皆さんにも「乾太くん」の事を是非、知ってほしいです。

目次

乾太くんとは?

乾太くんは、ガスの力でスピーディに洗濯物を乾燥させることができる家庭用衣類乾燥機です。

ガス機器の製造メーカで有名なRinnai(リンナイ)さんから発売されています。


そのリンナイさんのホームページを見たところ、乾太くんが

2020年

「日本子育て支援大賞」

を受賞されておりました!

出典:リンナイHP 一般社団法人日本子育て支援協会

「日本子育て支援大賞」は、子育てママとパパさらにはその祖父母が実際に“役立った価値”を大いに評価する賞です。

私も乾太くんが大賞を取られることに同意です!

また、マイホームを建てた方のブログ等を見ていても乾太くんは導入してよかったと絶賛している方が多いとかんじました。

とおろぐ家では8kgの洗濯物が入るタイプにしました。

使って感じたメリット

では、実際に使ってみて感じたメリットを3つ挙げさせていただきます。

メリット1.時短につながる

短時間乾燥でいっぱいに(8kg)入れても約80分

約5kgでも約52分と、とにかく早い!!

どのくらい早いのかイメージが湧かないと思いますので参考に他の乾燥機の例も交えてをお伝えします。

約5kgを乾燥させるために必要な時間は

電気ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機 → 約162分

電気ヒーター式全自動洗濯乾燥機   → 約281分

出典:リンナイHP ガス衣類乾燥機 

こんなにも違うんだ。と私も驚きでした!

また、洗濯物をハンガーにかけて干す手間やしまう手間もなくなってしまいますね✨

おかげで、子供と遊んだりダラダラしたり、別のことに使える時間が増えました!

メリット2.ふわっふわに仕上がる

私はここに一番の魅力を感じました♪

乾燥が終わり、洗濯物を取り出してみると本当にふわっふわ!

この洗濯物たちの上で、寝っ転がりたくなります。

ガスならではの強い温風が出るためたっぷり送り込みながら乾燥させるので、繊維が根本から立ち上がるんです。

そのため、下記写真のように天日干しやヒーター式全自動洗濯乾燥機よりもふわっふわに仕上がるようです!!

出典:リンナイHP ガス衣類乾燥機

メリット3.花粉や大気汚染の心配がない

今の季節、洗濯物をベランダに干していると衣類にたくさん花粉がついて来ますよね…

花粉は蓄積量を超えてしまうと花粉症を引き起こしてしまいます。

そのため、花粉症ではない人も花粉を体内に入れないように対策を取ることが大切です。

ちなみにとおろぐ家は全員花粉症で、目が腫れてしまうほどなので、花粉のことを考えるだけで鼻がムズムズしてきます。

本当に

乾太くんがいてくれてよかった!!

その他にも空気中にはPM2.5や車の排気ガスもあり、体に良いとは言えないですよね。

そのようなものを室内に取り込まないようにできるのは非常に魅力ですね✨

使って感じたデメリット

続いて、使っていて感じたデメリットを4つ挙げさせていただきます。

デメリット1.スペースを取る

乾燥機付き洗濯機なら洗濯物の移動もなく洗濯が終わりますが

乾太くんは洗濯機とは別に置くスペースを取らなくてはいけません。

うちはこのような配置です。

うん、写真全体に映らない感じ、圧迫感は否めないですね。

そして洗濯機に貼ってあるトイ・ストーリーのシールはご愛嬌で。笑

デメリット2.フィルターにほこりがすぐに溜まる

乾太くんにはほこりを集めるフィルターがあるのですが

すぐにフィルター掃除の表示が出てしまいます。

手入れの回数が増えるのは面倒ですね。

ただ、

フィルターについたほこりを取るのはとても簡単!

このように↓まとまったほこりをぺりぺりと取ることが出来ます。

お見苦しい写真スミマセン…。

ただ、キレイに取れるので気持ちいいです。笑

こんな感じで。

デメリット3.音が気になる

自宅の構造上の問題か、子供を寝かしつけているときに乾太くんを起動させてしまうと、脱衣所のドアを閉めていても多少音が気になります。

ここは家の間取りが大きく関係してくると思いますので、一概には言えないところかもしれません。

デメリット4.柔軟剤の匂いがなくなる?

また、匂いフェチの妻が言っていましたが

選択した際に入れた柔軟剤の匂いは乾太くんに入れるとほぼ消えてしまうそうです。

私は日々、鼻が詰まっていることが多く、あまり感じたことはないのですが…

お気に入りの柔軟剤の匂いが薄れてしまうのは少し悲しいですね。

ん?デメリットの方が多く書いてしまった!

4.費用はいくら?

約20万円が相場のようです。

私はマイホームを買うタイミングで購入したので、諸々込で約15万円でした!

設置費用の内訳としては

費用内訳
  • 乾太くん本体価格
  • 取付設置費用
  • 穴あけ工事や額工事費用
  • 専用設置台費用
  • その他

本体代以外にも色々とかかってしまいますね…。

なんで乾燥機付き洗濯機じゃないの?

「乾燥機付き洗濯機」は洗濯物を突っ込めば洗濯から乾燥まで完了するので、手間は少ないですが、「ガス衣類乾燥機」は短時間で乾燥する仕上がりがふわっふわになるんです。

とおろぐ

そんな洋服やタオルを毎日使えると思うと幸せだな〜。

と乾太くんに惹かれガス乾燥機を選択しました。単純すぎますかね…。笑

まとめ

乾太くんは家事の時短はもちろん、花粉症の人や洗濯物をふわっふわに仕上げたい人におすすめです!!

私は

間違いなくQOLが上がった

と実感していて、本当に導入して良かったです。

本日はそんな乾太くんについてご紹介させていただきました!

注意点などはまた別の機会に書かせてください。

おわりです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる