目覚めが爽やかで家族思い!Apple Watchの目覚ましは超優秀!

とおろぐ

こんにちは!

とおろぐ

目覚まし時計のアラーム音が嫌いなとおろぐです!

皆さんは、目覚ましをかけて寝ていますか?

私も含めて、多くの方は寝坊しないように使用しているのではないかと思います。

ただ、目覚ましのアラーム音で起きると、目覚めがとっても悪いですよね。

とおろぐ

朝はスッキリ起きたい!

そんな私と同じような気持ちの方はApple Watchがおすすめです。

理由は、振動で起こしてくれるので、寝起きが爽やかになるんです。

Apple Watchといえば

  • Suicaでの決済機能
  • LINEの通知を受け取り&返信機能
  • 睡眠の質の計測機能

など、様々な機能を備えています。

そこに目が行きがちですが、超便利なのがアラーム(目覚まし)の機能です。

その理由をこれから5つご紹介します。

目次

程よい振動で目覚めさせてくれる

参照:Apple HP

Apple Watchのアラームは、着用した手首へバイブレーション(振動)を与えることで目を覚まさせてくれます。

「ジリリリリリリリリ!!!!」

という大きな嫌な音を聞かずに起きることができます。

※Apple Watchの消音モードをオフにすることで、アラームを鳴らすことも可能です。

本当に手首のバイブレーションで本当に目が覚めるの?

と疑問に感じる方もいますよね。

安心してください。
しっかり目が覚めますよ。

むしろ音で目覚めるより寝起きがいいです。

スマホのバイブレーションは「パンツのポケット」や「机の上」などで震えても気づかないことがあるのですが、腕元で振動があるとほぼ100%気づきます。

目覚まし時計やスマホのアラームが鳴ったときは、寝ぼけながら

とおろぐ

目覚ましどこだ〜

と探すのは朝から苦痛ですよね。

Apple Watchなら、アラームが鳴っているときは、「スヌーズ」と「停止」の2つのボタンが表示され、画面をポンとタップすることで止められます。

家族にも迷惑をかけずに起きることができる

これです、これ。

これが個人的に一番嬉しいポイントがです。

朝5:45に起きる私としてはアラーム音を鳴らすことで、妻も子どもたちも起こしていました。

Apple Watchにしてからは、家族を起こすことなく私だけ目覚めることが出来ています。

朝起きるのは辛いため、何回もアラームを鳴らして家族に迷惑を掛ける。

なんてことも振動なら気にする必要がありません。

同じベッドで寝ていれば、振動に気づく人もいるかも知れませんが、アラーム音のように家族全員を起こすことは無いです。

会社や電車などでもアラームをかけられる

電車内で眠ってしまったときや社内のデスクで眠るときなど

「アラームをかけたいけど、周りに迷惑がかかってしまう…」

とお悩みの方!

Apple Watchなら、振動のみのアラームにすることで解決です。

電車内やでアラーム音を鳴り響かせてしまった…ということはなく、振動するだけなので安心です。

仮眠や居眠りのときにも活躍する、Apple Watchのアラームに隠されたメリットです。

アラームを止めるのが簡単

朝、アラームが鳴って、寝ぼけた中で

とおろぐ

どこで目覚ましが鳴っているんだ〜

とアラームを止める作業にエネルギーを使ってしまいます。

しかし、Apple Watchならアラームが腕元で振動していることに気づき、すぐに止めることが出来ます。

「目覚まし時計やスマホを探して、アラームを止める」

というストレスが無くなるのは、朝の大切な時間だからこそ効果は非常に大きいですね。

止め方は、「スヌーズ」と「停止」があります。

参照:Apple HP

あと少しだけ寝たい…

なんて時は「スヌーズ」を押して布団の中でぬくぬくしましょう。

10分後に再度振動し、起こしてくれますよ。

アラーム音を出すこともできる

腕の振動だけでは心配。物足りない。

という方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方にも適しており、振動に加え、アラーム音を鳴らすことが出来ます。

好みに合わせて設定ができることも魅力ですね。

まとめ

個人的な話ですが、Apple Watchを目覚ましに変更してから、いい事だらけでした。

アラーム音に怯えることがなくなり、家族の睡眠も邪魔しない。そして何よりしっかり起きることが出来ます。

最初は、腕につけて寝ることに抵抗がある方もいるかも知れませんが、使用しているうちに手放せない存在になっていること間違いなしです。

同じような悩みを持っている方は、購入して後悔なし!のはずです。

おわりです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる