『ドラゴン桜』から学んだ子どもを東大に合格させる「家庭の10ヵ条」

とおろぐ

こんにちは!とおろぐです!

トップの画像は「ドラゴン(タツノオトシゴ)と桜」です。

そう、日曜劇場の『ドラゴン桜をイメージした画像です。笑

私と妻は、『ドラゴン桜』にどっぷりハマっており、毎週日曜を楽しみにしています。

うちの子を東大に合格させたいわけではないですが、

  • 勉強方法
  • 子との接し方

など、本当に参考になります。

2021年5月16日の放送で

東大に合格させる「家庭の10ヵ条」

を紹介していたのですが、我が家でも大切にしていきたいと感じるものばかりでした。

なので、皆さんも共有させてください。

目次

東大合格必勝法「家庭の10ヵ条」

東大合格必勝法の「家庭の10ヵ条」と言う程なので、さぞ特別なことを言っているのだろうと思います。

さっそく、見てみましょう。

東大合格必勝法「家庭の10ヵ条」
  1. 一緒に朝ご飯を食べること
  2. 何か一つでも家事をさせること
  3. 適度に運動させること
  4. 毎日同じ時間に風呂に入らせること
  5. 体調が悪いときは無理させず、休ませること
  6. リビングはいつでも片付けておくこと
  7. 勉強に口出しをしないこと
  8. 夫婦仲を良くすること
  9. 月に一度家族で外食すること
  10. この10ヵ条を父親と共有すること

何も特別なことはありませんが、それこそが大切だと実感しました。
東大に行く・行かないは関係なく、常日頃から安心して生活が出来る空間を作ってあげたいですね。

子どもが「受験をする」と目標を決めたら

子どもが高い目標を決め、成功できる子は、本人の努力だけではなく、家族や友達に支えられています

その、1番身近な家族が子どもの味方でいて、かつ家族一丸となって目標に取り組むべきです。

私だったら、勉強に集中できるように、勉強部屋を作り、音が気にならないように防音仕様にして…などと考えてしまいますが、そのような特別扱いはしてはいけないんです。

何も変わらないような日常を維持することが大切なんです。

今まで通りの日常生活をする

受験生がいる家庭はピリピリしているイメージがありませんか。

子どもは、自分がこの空気を作り出している。と家族に申し訳無さを感じてしまいます。それを感じさせないように、今までのように日常生活を送ることが大切です。

普段通り朝ご飯を食べ、

同じ時間にお風呂に入り、

落ち着けるリビングで変わらず生活をしていくこと。

毎年旅行をしているなら、期間を減らすなどして行く。

今までと変わらない生活をすることが安心感に繋がり、それこそが集中できる環境になるのですね。

口出しをしない

これから、スポーツや習い事、やりたいことを子どもが見つけ、一生懸命取り組んでいくと思います。

その時に、色々と口出しをしたくなることが出てくるでしょう。

子どもが自分で決断をして、自分の道を進もうとしているのに、失敗しないようにと色々と余計な口出しをすることで、子どもの選択肢を狭めてしまっているんです。

明らかに誤っていることは伝えないといけないですが、子どもの決めたことは否定はせず、応援していきたいです!

まとめ

家庭の環境が子どもにとって非常に大切だということを、ドラゴン桜を通じて痛感しました。

何か、特別なことをするのではなく、普段と変わらない生活をすることが、子どもの能力を発揮しやすい環境になります。

これから先、成功することも、失敗することもあります。

その挑戦を「どう見守るか」を親として考えていかないといけないのだと感じました。

また、この「家庭の10ヵ条」は習慣が大切ということも伝えています。
一時的な努力ではなく、継続的に積み重ねていくことが成功につながることを肌で感じ、力に変えて欲しいです。

おわりです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる