補助無しで自転車に乗れる!へんしんバイクの魅力

とおろぐ

こんにちは!とおろぐです!

見てください!3歳0ヶ月の次男が自転車に乗れるようになりました!

長男・次男ともに、3歳で自転車に乗れるようになったのですが、一番大切にしたことは

楽しんで自転車に乗る

ということでした。

一度嫌いになってしまうと、中々練習しようと思えないですよね。

だからこそ、楽しんでもらいながら練習ができる「へんしんバイク」を購入しました。

私と同じように、我が子には「楽しみながら、自転車に乗れるようになって欲しい。」

と思っている方には一つの選択肢になると思います。

この記事はこんな方におすすめ
  • 楽しみながら自転車に乗れるようになって欲しい
  • へんしんバイクがどんなものか知りたい
  • 自転車に乗れるまでの道のりを知りたい
  • ストライダーとの違いを知りたい
目次

へんしんバイクとは

へんしんバイクとは、一言でいうと「自転車」です。

最初はキックバイクのように遊ぶことができます。

出典:へんしんバイクHP

慣れてきたらペダルを付けて自転車として使用することが出来ます。

出典:へんしんバイクHP

そのため、名前に「へんしん(変身)」とついています。

へんしんバイクのメリットとしては、以下の点があげられます。

へんしんバイクのメリット
  1. 三輪車+補助輪付き自転車の合計価格よりも安い
  2. 1台で2役!
  3. ペダルがついても、恐怖心が少ない

①三輪車+補助輪付き自転車の合計価格よりも安い

出典:へんしんバイクHP

へんしんバイクの購入価格は、16,280円でした。

(※へんしんバイクの価格は、モデルや購入店舗によって異なります。)

幼児が使う自転車としては

ちょっと高いな〜

と感じるでしょうが、意外とそんなことはないんです。

自転車デビューをするまでに、「三輪車+補助輪付き自転車」を購入すると、案外20,000円を超える可能性が高いですよ。

サポート無しで自転車に乗れるようになるのも早いので、コスパも高いですね。

②1台で2役!

出典:へんしんバイクHP

最初はキックバイクとして使用し、スイスイ乗りこなせるようになったら、ペダルを付けて自転車へチェンジ!

と長く使うことが出来ます。

③ペダルを付けても恐怖心が少ない

キックバイクの時点で、バランス感覚が身についているので、両足を地面から離すことへの恐怖心が少ないです。

軽くサポートし、ペダルを漕ぐ感覚が身についたら、もう乗りこなしてます。

なぜ、3歳で自転車に乗れるようになったのか

息子が、なぜ3歳で自転車に乗れるようになったかといいますと、しっかりとステップを踏んでいたからだと思います。

そのステップとは以下の通りです。

STEP
キックバイクを乗りこなす

子どもたちは、2歳ころからキックバイクに乗っていました。

最初のうちはすぐ飽きていましたが、公園に行くたびに乗っていると、段々と上達していきます。

2歳半頃には両足を上げてバランスを取りながら運転したり、両足を下げて上手にブレーキをしていました。

バランス感覚やブレーキのかけ方を学ぶことで恐怖心がぐっと減りますよね。

STEP
三輪車でペダルの漕ぎ方を習得する

ここは必須では無いですが、より早く乗れるようになる方法として参考にしてください。

次男は保育園で三輪車で遊ぶことが多かったようで、ペダルの漕ぎ方をマスターしていました。

そのため、自転車へ移行しても感覚を掴むのが早かったです。

STEP
サポートしながら、自転車に実際に乗ってみる

息子が転ばないように、後ろから補助をしながら自転車のペダルを漕がせます。

次男は驚くことに自転車初乗車で5回ほど1人で漕いでました

我が子ながら

とおろぐ

運動神経がいいのかも

と感じる一瞬でした。

カーブやブレーキはまだまだ1人では難しいので、慣れるまでサポートをしながら感覚を掴んでいきます。

STEP
1人で自転車を漕がせてみる

30分〜1時間も経つと、1人で漕げるようになっています。

ほんと子供の成長とへんしんバイクには驚かされました。

ただ、ペダルを漕ぐのに集中しすぎて前を見ずぶつかりそうになったり、カーブがうまく曲がれなかったりと、いざとなったらの補助は必要です。

また、手でのブレーキもできるように練習する必要があります。

とはいえ、もう乗れるようになっちゃうなんてすごいですよね。

ストライダーとの違い

ポイントを絞ってそれぞれの特徴を書き出してみると、以下の通りになります。

へんしんバイクストライダー
対象年齢3〜6歳1歳半〜5歳
価格(税込)16,280円14,850円
重量※5.3kg(8.2kg)3.0kg
シートの高さ37.5cm~46.5cm28.5cm~47.5cm
タイヤの大きさ12インチ12インチ
保証期間1年間2年間
※()内はペダルをつけたときの重量です。
ストライダー

1歳半から始めることが出来ますが、12インチではペダルを取り付けることが出来ず、ペダル付きの14インチを購入する必要があります。早いうちから自転車の感覚を掴んでもらうことが出来ますし、キックバイクが上達すると足も早くなりますよ。

へんしんバイク

ストラーダーと比べると少し重たいですが、12インチでキックバイクから始まり、ペダルを取り付けて自転車にもなるので、1台で完結するコスパの高い商品です。ブレーキも付いているので、安心感もありますね。

ちなみに私は、へんしんバイクの存在を知らず、ストライダーを購入しましたので2歳ころからキックバイクには乗り始めていました。

乗りこなし始めたあたりで、自転車について調べていたところ、へんしんバイクを見つけて購入に至りました。

今は、「へんしんバイク2」という、2歳から使用できる商品もあるみたいですよ!

まとめ

へんしんバイクは、子供が自転車に乗れるようになるために、非常に効果的な商品でした。

しかも、楽しんでいるうちに段々と乗れるようになっていくので、親も楽しみながら子供の成長を見ることが出来ます。

今回の記事が少しでも皆さんのお役に立ちましたら幸いです。

おわりです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる