たった1mmでこんなに変わる!「Apple Watch Series 7」のディスプレイサイズ

とおろぐ

こんにちは!とおろぐです!

2021年10月15日(金)に発売した「Apple Watch Series 7」

Apple Watch(アップルウォッチ)は腕時計としての機能だけではなく

メールやLINEの確認や返信、健康管理・日常生活が便利になる。など様々な機能があります。

私はSeries4からApple Watchを使っており、Series7を購入しました。

Series4から7に変えて、画面が1mm大きくなっています。

この1mmが想像以上に大きく

とおろぐ

こんなにも変わるのか

と感じるほど、画面が見やすくなったと感じます。

引き続き販売されているApple Watch Series 3と比べて、Series 7では50%も拡大。
前モデルのSeries 6やSE、私が使っていたSeries 4と比べても20%拡大しています。

とはいえ41mmから42mmへ、44mmから45mmの変更なのでたった1mmの差

にもかかわらずなぜこんなに大きくなったと感じるのか。

その秘密は、ボーダー、縁取りにあるようです。

できるだけデバイスそのものの拡大を防ぎながらも画面の縁にある黒い部分を1.7mmにまで縮めたことでした。

そのため、バンド幅やそのアタッチには変更を加えず、画面の拡大を実現し、初代Apple Watch向けの42mm用バンドも、45mmケースに装着可能です。

さらに、前面ガラスは50%厚みを増し、ディスプレイの光を側面にも伝えることができます。

特に斜めの角度から見た時に、デザインは同じながら全く異なる表情が現れます。

操作性についてもApple Watchを着けたときに表示されるパスワード入力画面や計算機など、数字を誤って押すことが少なくなりました。

ちょっとの差に感じますが、大きく変わったと実感するディスプレイサイズ。

このディスプレイの実装により、見た目に加えて操作性も上がり満足度の高い仕上がりと言えます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる