もう、バッグ置き場に困らない!1つは持っておきたいバッグハンガー『Clipa(クリッパ)』

とおろぐ

こんにちは!とおろぐです!

大切にしているバッグを持って出掛けたとき

どこにバッグを置こう…

と悩んだことはありませんか?

特にカフェや居酒屋など、バッグの置き場所に困りますよね。

置ける場所がないので、しょうがなく

とおろぐ

床に置くか…

なんてこともよくありますよね。

しかし、そんなときにはClipa(クリッパ)を使えば問題解決でした!

『Clipa(クリッパ)』とは、バッグ用のハンガーです。

バッグを吊り下げることができるので床に直接置くことが無くなるとても便利なアイテムです。

また、足元にバッグがあると「足の置き場」にも困りますが、そういったこともなくなります。

バッグハンガーにも様々な種類がありますが、クリッパの使用感に満足する人は多いと感じています。

ちょっとしたところにQOL(生活の質)向上が隠れてますね!

目次

クリッパの魅力

クリッパの魅力
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 耐荷重は安心の15kg
  • 強力な滑り止めが付いている
  • 付ける場所を選ばない

シンプルでスタイリッシュなデザイン

バッグハンガーというと「L字」型や「フック」型のイメージが強いですが、クリッパは、「リング形」をしていて、その輪っかがパカっと開く構造なんです。

それだけのシンプルな構造のため、バッグの持ち手部分につけても違和感がないですね。

そして、バッグから取り出す手間もなく、すぐに使えるから便利です。

耐荷重は安心の15kg

リング状なので重さに耐えられず、ポキっ壊れそう…

と思うかもしれませんが、なんと耐荷重は「15kgです。

お米でイメージすると、15kgが結構な重さなのがよく分かりますね。

強力な滑り止めが付いている

引っ掛ける部分2箇所に滑り止めのゴムが付いています。この滑り止め、よ〜く見ると丸みがあるんです。

この丸みが摩擦をより強力にして、バッグがずり落ちるのを防いでくれるんですよね。こうゆう細かな部分も愛用したくなるポイントですよね。

付ける場所を選ばない

クリッパは様々な場所に取り付け、バッグを吊り下げることができます。

これってとっても大事ですよね。

設置する場所として

  • テーブルなどの平面部分
  • 衣類用ハンガーや吊り輪などの開口部分
  • 手すりなどの円柱部分
  • 車のヘッドレスト部分

こんな様々な部分に取り付けて活用できます。

他にも設置の仕方は色々ありそうですよね。

使い勝手が良いのがクリッパの魅力です。

クリッパの商品情報

クリッパの商品情報は、以下の通りです。

項目詳細
サイズ(約)直径 7×厚さ 0.9cm
重量約)48g
素材本体:亜鉛合金、銅、ニッケル、多重メッキ仕上
パッド:ポリウレタン
原産国アメリカ
金額2,970円(ショップによる)

カラーバリエーションは7種類で、ローズゴールド以外は、つやありとつやなしが選べます。

クリッパの気になった点

どんな商品も完璧!ではなく、気になる部分があります。

個人的には1人1つは持つべきだと思っているクリッパも、「ここはちょっと…」と思う部分があります。

意外と大きい

届いたときは、結構大きいな。と感じました。

持ち運びや取り付けに不便ということはないですが、イメージしていたより大きかったです。

ただ、この大きさがあるからこそしっかりした壊れにくいバッグハンガーになっているのだと感じます。

金額は高め

バッグハンガーって100均などでも売っています。

ちょっといいやつでも1,000円前後で購入できますが、私が購入したときのクリッパの値段は約2,900円でした。

その分、製品は頑丈で使いやすいため大満足の商品ですが、お高く感じる方が多いはず。

ただ、デザイン性は良いですし、頑丈で長く使えるので、結果的にはコスパが良くなる商品だとかんじています。

とはいいつつも、気軽に購入しよう!

と思える金額ではありませんので、自分の中でバツグハンガーを買うならこれ!と納得してクリッパを購入をしてくださいね。

バッグとクリッパは一心同体に!

バッグを日常的に使う方にとって、バッグ置き場の確保は意外と大事ですよね。

クリッパは色々な場所に引っ掛けてバッグを吊り下げられるので、バッグを汚さず、長く使用することにもつながります。

外出先にバッグを持ち運ぶときは、常にバッグの持ち手等にクリッパを付けておくと、とっても役立ちます。

一度使ってみると手放せない存在になるはず。

おわりです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる